料理代行マイスター認定資格試験について

■実技試験
制限時間20分以内に、決められた⾷材のみで2品目を⾃由に料理してください。食材は試験開始時に発表され、受験生はその場でレシピを考えます。試験は審査員の実食をもって行われ、以下が合格基準になります。

1.味、2.温度度、3.盛りつけの美しさ

以上を5段階評価で平均3.5以上で合格とします。

■面接試験
約10分の口頭試問を行います。面接では主に料理代行サービスに対する考え方を問います。受験時は実際に料理代行を行うことを想定した身なりでお越しください。挨拶やマナーなど、細かいところまで審査されます。

設問例
「なぜ料理代行サービスを提供したいのですか? 」
「料理代行を行う上で最も大切だと思うことはなんですか?」

ーーーーー

試験の流れ(1時間)
0.ご挨拶、試験についての説明(約5分)
1.実技認定試験(20分)
2.試食審査(約10分~15分)
3.小休憩(トイレ休憩)(約5分)
4.面接試験(約10分)
5.合否発表(約5分)