料理代行サービスと共にお願いされることが多いのがお買物代行サービスです。

訪問先のご家庭に材料が全部揃っている場合もありますが、訪問前にメッセージのやり取りをしていると、材料不足が必ずあって「お買物も一緒にお願いします。」となることがよくあります。

やはりお客様に喜んでいただけるお料理を提供するためには、まず食材がいいものというのを揃えていくということがホスピタリティにもつながります。提供して喜んでいただける、代行サービスを頼んでとてもいい時間を作れたとか、少しでもご満足いただけるためにも、限られた費用の中でもより良い食材を選んでご提供する、普段買っているスーパーとかで、例えば同じところのお店で買っても、「代行の方に頼んで、買ってきてくださったらとても美味しかった」とか、そう思ってもらいたいものです。

一般の主婦の目線であれば、値段が安かったからとか、クーポンが付いていたからなど、そうした視点で買ってもよいのですが、お買い物代行サービスの場合は、それに加えて、お肉やお魚、野菜、卵など食材別に「見極め方」を学び、いかに新鮮で美味しいものを選ぶことができるかが大切です。

料理代行マイスター協会では、食材ごとにその鮮度や食べごろを見分けるノウハウを学べるように、見極め方の具体的なポイントをアドバイスしています。あとは実際にスーパーに行ったり、精肉店、魚屋さんなどで数多くのものを見て、実際にそれを買って食べてみると、知識が実感に変わって体で覚えることができるので、身につきます。

自分が身をもって確かめたこと、体で覚えたことをお客様に提供するのが、正しいサービスのあり方ですし、実生活でも食べごろの見極めはとても役に立つので身につけておいて損はない知識の一つではないかと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here